ギャンブル依存症

ギャンブル依存症

アルコール依存症、たばこ依存症などと同じように、ギャンブル依存症というものもあります。

ギャンブル依存症は病気の一つ。

しかも、進行性の病気と言えるでしょう。

依存症になる背景には、幼いころのお菓子のおもちゃ、カードなどから始まり、ゲームセンターでのゲーム、ゲームスロットなどがあります。

そういった背景を持っていた人が、ギャンブルを始めて「ビギナーズラック」で大金を手にしてしまうことが、ギャンブル依存症になるのに一番多いきっかけなのです。

最初は、趣味・気晴らしだったものが、だんだんと頻度が高くなり、借金までしてでもギャンブルをするようになる症状で、しだいに心身をコントロールできなくなるほどギャンプル中心の生活を送ってしまうようになります。

楽しかったはずのギャンブルが病気へとなってしまったら、元も子もないですよね。

精神的な病は、根本から解決しなければいけません。

"勝ち"を求めて借金を膨らますのは、すでに治療が必要な状態といえるでしょう。

ギャンブルの負けを病気になってまで、なんとしてでも取り返す、それは無謀な考え方です。

それに気がつかない人、あなたの周りにもいませんか?

2010年1月17日|

カテゴリー:コラム


クエスト大王の購入者特典